日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

11/07/2011 10:34 AM

 トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)の2011年10月の総販売台数は1万762台で、前年同月の6,602台から63%増加、大幅増加ペースを維持した。ちなみに、前年同月比伸び率は、7月99%増、8月84%増、9月105%増と推移してきている。

 10月の販売台数増は、昨年12月発売の小型乗用車「エティオス」、今年6月末発売の「エティオス・リーバ」(ハッチバック車)の新車効果が大きかったとしている。ちなみに、「エティオス」が3,405台、「エティオス・リーバ」が2,454台、合計5,859台に達し、全体の54%を占めた。

 「エティオス」以外の車種では、多目的車「イノーバ」が3,411台、「カローラ・アルティス」が700台、スポーツ多目的車(SUV)の「フォーチューナー」が763 台に達した。これらの結果、2011年1-10月累計の販売台数は10万6,246台に達し、前年同期の6万3,158台を68%上回っている。(11年11月1日、TKMの発表から)

11/4/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/19564

トラックバック一覧(0)