日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/25/2011 07:26 AM

 23日付のビジネス・スタンダード紙(4面)によると、宝飾大手のギタンジャリ・ジェムズは22日、ムンバイの大型ショッピングモール「フェニックス・モール」に宝飾品の自動販売機を新設した。ダイヤモンドや金のネックレスなどの宝飾品が36種類販売され、価格は1千-3万ルピー。支払いは現金かカードを選択でき、商品はギフト用に包装されて出てくる。

 ギタンジャリ・ジェムズの子会社ギタンジャリ・エキスポーツのサンジーヴ・アガルワル最高経営責任者は「宝飾品の自動販売機という発想は世界でも類を見ない新しいものだ。急な祝宴への参加などにも対応でき、銀行のATMのような便利な販売ツールを目指している。今後3年で75機の自動販売機を新設する計画で、事業利益は年間45-50億ルピーを見込んでいる」と話している。自動販売機は高級ショッピングモールや空港、寺院などに設置される予定だという。

2011/10/24


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/19437

トラックバック一覧(0)