日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/21/2011 09:42 AM

 コクヨの連結子会社であるコクヨS&Tは、インドのカムリンの株式50.3%(潜在株式考慮後)を取得した。カムリンは、第4 四半期から同社の連結子会社となる。株式の取得方法は、第三者割当増資で693万4千株(10%:7 月1 日)、公開買付で1,385万7,370 株 (20% :10 月13 日)、創業家からの株式取得で1,404万4,850 株 (20.3%:10 月13 日)の、合計3,483万6,220 株 (50.3%)。新社名はコクヨ・カムリン。

 コクヨ・カムリンは、インドで約30 万店の販売店と取引を行っており、この全国流通網を生かし、コクヨ・グループの商品を販売するほか、商品の共同開発も検討している。また、コクヨの生産管理、商品管理、流通管理などの技術をインドでも生かし、既存事業の営業利益率の向上や在庫率の低減を実現していく。(11年10月20日、コクヨのニュース・リリースから)

10/20/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/19406

トラックバック一覧(0)