日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/19/2011 10:27 AM

 18日付のエコノミック・タイムズ紙(6面)によると、英蘭フィリップスが17日に発表した事業再建計画が、インド事業にも影響を及ぼしそうだ。この計画によると、2014年までに事業支出を8億ユーロ削減する方針で、60%を人員削減から捻出するという。目標退職者数は4,500人、オランダでは1,400人のリストラが決まっている。フィリップス・インドでも200人程度リストラせざるを得ないという。

 フィリップス・インドの従業員数は現在9千人。工場はノイダの照明機器生産工場とバンガロールのソフトウエア生産工場の2カ所があり、本社はインドを生産拠点のハブとするとしていた。同社はインドに参入して80年の歴史があり、近年ではパーソナル・ケア市場にも参入している。10年度の売上高は前年比14%増の372億4,900万ルピーだった。

10/18/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/19376

トラックバック一覧(0)