日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/04/2011 01:29 AM

 野村総合研究所(NRI、東京都千代田区)は10月下旬、インドにコンサルティング事業の現地法人を設立する。あわせて、現地の調査会社Market Xcel Data Matrix Pvt. Ltd.(インド・ニューデリー)へ出資し、業務提携を結ぶことで、インドにおける調査およびコンサルティング事業の基盤を整備する。NRIグループとしての海外拠点は17番目。名称は、現地法人名がNomura Research Institute India Pvt. Ltd. 、日本語名称はノムラ・リサーチ・インスティテュート・インディア(略称:NRIインド)、 所在地はデリー地域 。当初資本金は4億1千万ルピー(約6.396億円)、 ノムラ・リサーチ・インスティテュート・シンガポールや野村総合研究所 が出資する。

 インドではグローバル企業によるインドへの進出が続いている。また、多くの日系企業がインドに進出し、あるいはインド進出への関心を高めてきている。NRIはこれまでも、日系企業および日本政府のインドに関連する調査・コンサルティングサービスを実施してきたが、現地法人を設立して、より迅速できめ細やかな対応ができるよう体制を整える。

 さらに、現地の調査会社Market Xcel Data Matrix社は、現在、約100人規模で、インド国内8都市に調査拠点を有している。NRIは、同社の株式を25.1%取得し業務提携を結ぶことで、インド全域をカバーする、現地に根差した本格的な調査・コンサルティング体制を確立する。

 インド現地法人は、11月から本格的に業務を開始する予定。当初は、自動車メーカーなど、製造業向けの事業戦略立案などを中心に、10人程度の体制でスタートし、5年後には30人の体制を予定している。日系のコンサルティング企業として最大規模を目指す。(11年10月3日、野村総合研究所ニュース・リリースなどから)

10/03/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/19228

トラックバック一覧(0)