日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/31/2011 07:46 AM

 28日付のビジネス・ライン紙(14面)によると、米フォーブス誌が発表したインド人富豪ランキングで、リライアンス・インダストリーズ・グループの会長、ムケシュ・アンバニ氏が1位だった。資産総額は226億米ドルで、前年度から44億米ドル減少した。

 2位はミッタル・スチールの最高経営責任者ラクシュミ・ミッタル氏で192億米ドル。3位はウィプロ・テクノロジーの会長アジム・プレムジ会長で130億米ドル。4位はエッサー・グループのシャシ・ルイア会長で102億米ドル、5位はOPジンダル・グループの創設者で故OPジンダル氏のサヴィトリ・ジンダル夫人で95億米ドルだった。次いでバルティ・グループ会長のスニル・ミッタル氏が88億米ドル、アダニ・グループの会長ゴータム・アダニ氏が82億米ドル、アディティヤ・ビルラ・グループの会長クマール・マンガラン・ビルラ氏が77億米ドル、シャプールジ・アンド・パロンジの会長パロンジ・ミストリー氏が76億米ドル、ゴドレジ・グループの会長アディ・ゴドレジ氏が68億米ドルだった。

 今年度はカフェ・コーヒーデイの創設者VGシッダルタ氏、インダス・ガスの創設者アジェイ・カルシ氏など14人が新たにランクインした。上位者100人の合計資産額は前年度比20%減の2,410億米ドルだった。フォーブス・アジアの編集者ナーズニーン・カーマリ氏は「前年よりも資産総額が増加した人数はわずか19人だった。インド経済が8%で成長している一方、億万長者の富は減少している。相次ぐ政治汚職と高いインフレが影響している」と指摘した。

10/28/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/19477

トラックバック一覧(0)