日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/11/2011 07:35 AM

 10日付のビジネス・ライン紙(2面)によると、パナソニック・インドは今年度の売上高を550億ルピーと見込んでいる。伊東大三社長は「パナソニック全体での今年度の売上高は1千億米ドル、うち50%を日本以外の海外売り上げが占める見込みだ。インドは全売上高の1%、海外売上高の2%を占めるだろう」との見方を示した。パナソニックの海外売り上げの年間伸び率が5-6%に対し、インド事業は200%。2012年度は20億米ドル、15年度には50億米ドルの売り上げを目指しているという。

 同社は現在、ハリヤナ州ジャジャールに工場を新設している。敷地面積は72エーカー、投資総額は10億ルピーで12年11月の稼働を予定している。「キューブ」を含むエアコンを年間100万台、13年末には洗濯機の生産も開始する。液晶テレビを生産するノイダ工場の生産能力も増強しており、現在の年産台数75万台から12年4月には100万台に増える。

 販売代理店も現在の6千カ所から12年3月までに9千カ所に増強、ブランド大使もスポーツ選手とボリウッド俳優を選出し、広告戦略費は2倍の40億ルピーに設定している。中小都市圏の消費者の取り込みのため、各地域で人気の著名人をブランド大使に任命することも検討中だという。

10/10/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/19289

トラックバック一覧(0)