日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

09/28/2011 11:09 AM

 日立製作所は27日、インドのNeSTグループのSFOテクノロジーズと、火力発電の制御システム分野に関して合弁会社を設立することに合意したと発表した。今年10月に「日立NeSTコントロールシステムズをインドのカルナタカ州バンガロールに設立する。当初資本金は3億ルピー(約5億1千万円)、出資比率は、日立の100%子会社である日立インドが70%、SFOテクノロジーズが30%となる予定。事業分野は火力発電プラント監視制御装置の販売、設計、製造、検査、保守など。

 今後、両社は、日立の最先端の制御・製造技術や、プラント制御に関する豊富な経験、ノウハウと、SFOテクノロジーズ社が有する10年以上にわたる豊富な制御システムの経験、熟練した技術者およびインドの全地域における販売ネットワークを日立NeSTコントロールシステムズに統合し、インドにおける制御システム事業の強化を図る。この新会社は、2014年度の売上高を15億インドルピー(約26億円に拡大することを目指す。

 インドの社会インフラにおける情報制御システム市場は、インドの経済成長に伴い、今後も拡大が期待される。その中でも電力インフラは、インド経済の発展にとって重要であり、今後10年間で20ギガワット(GW)の需要増加が見込まれている。特に、超臨界火力発電所の建設投資が予想される中、昨年8月に、日立は、BGRエナジーシステムと、超臨界圧火力発電用の蒸気タービン、発電機およびボイラーに関する合弁会社を設立することで合意している。

 このような背景から、両社は、インド市場でさらなる事業拡大をめざし、火力発電用制御システムのエンジニアリング、製造、現地調整、保守まで一貫して行う合弁会社の設立に合意した。これまでにも、両社は、日立のインド内外の火力発電制御システムのプロジェクトで、SFOテクノロジーズのエンジニアリングサービスの提供を行うなど、協力関係にある。(11年9月27日、日立製作所のプレス・リリースから)

09/27/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/19184

トラックバック一覧(0)