日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

09/14/2011 07:20 AM

 国際交流基金ニューデリー日本文化センターは9-11日の3日間、在インド日本国大使館、現地NPO 法人Cine darbaarらと共催で、「アニメ・コンベンショ2」をノイダ・フィルムシティー内 マルワ・スタジオで開催した。外務省が実施するクールジャパン支援策の一環。

 世界各地に広がりを見せる日本のポップ・カルチャーは、インドではこれまで大々的に取り上げられる機会は多くなかったため、今回、初めての大規模な日本のポップ・カルチャー紹介イベントとなった。 今回はコスプレ大会、「ちびまるこちゃん」、「銀河鉄道999」、「ミヨリの森」などの15 本の映画、マンガの描き方など18本のワークショップ、さらにゲーム・ラウンジやマンガ・ラウンジといったカフェなどのほか、CALFの土居 伸彰氏を始め、インドおよび日本から多くの専門家やアニメーター、ゲーム・デザイナーをゲストに迎え、ディスカッションやレクチャーも実施した。(11年9月8日、国際交流基金の発表などから)

09/13/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/19030

トラックバック一覧(0)