日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

09/12/2011 07:41 AM

 9日付のビジネス・ライン紙(電子版)によると、PCの販売台数が2012年度に1,260万台を突破する。IT業界団体MAITの調査によるもので、特に家庭用PCの需要や中小都市圏からの販売が伸びるという。10年度の販売台数は前年比16%増の931万台で、内訳は、デスクトップ型PCは前年比9%増の603万台、ノート型PCは同31%増の328万台だった。販売台数のうちデスクトップ型の50%、ノート型の57%が家庭からの需要だった。サーバー契約数は中小企業からの需要が伸び悩み、前年比14%減だった。プリンターの販売台数は15%増の287万台、レーザー・プリンターとインクジェット・プリンターの販売がけん引した。

 11年3月時点でのインド国内のインターネット契約数は1,300万件、契約数は年間36%増で伸びている。調査会社の米ガートナーによると、全世界でのPCの販売台数の予測は、11年度は前年比3.8%増、12年度は同10.9%増だという。

09/09/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/18998

トラックバック一覧(0)