日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

09/16/2011 10:34 AM

 15日付のビジネス・スタンダード紙(電子版)によると、放送局ESPNスター・スポーツ(ESS)の、FIグランプリ開催期間中のテレビ広告枠が完売した。1レースの放送でテレビ広告は80回。同社は1回10秒の枠を15万ルピーで販売していたが、完売したという。ESSの幹部は「クリケット以外のスポーツの人気は高まっており、F1の広告に各社積極的に投資している」と話している。メディア会社リンタス・メディア・グループのスダ・ナトランジャン社長は「インド人の熱狂的なF1のファンは、マレーシアやアブダビまでレースを観戦に行く。グランプリはインド初の開催となるが、大きな関心を集めている」と指摘した。

 ESSによると、昨年のF1のテレビ視聴者数はインド国内だけで2,470万人。今年行われた10レースの視聴者は2,170万人で、グランプリを含む残り9レースではさらに視聴者数が伸びる予想だ。ESSはインターネット中継も検討しているが、最終決定はされていない。

09/15/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/19071

トラックバック一覧(0)