日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

09/22/2011 02:56 AM

 DOWA ホールディングスの子会社DOWAサーモテック(東京都千代田区)は20日、インドの熱処理加工・工業炉製造会社であるハイテンプ・ファーネス(HTF)の株式を譲り受ける契約をHTFの株主(オーナー)との間で締結した。株式譲渡日は9月末を予定しており、その時点でHTFの発行済み株式を80%まで取得する。

 HTFは1971 年設立、バンガロールをはじめインド国内に5工場を展開するインド最大の熱処理加工・工業炉製造会社。DOWAグループとは、85年の技術供与に始まり、91年には資本参加している。今回、DOWAサーモテックはHTFの持株比率を80%まで高めることで経営権を取得し、急速に拡大しているインドの自動車向け市場へ本格進出する(2011 年6 月末時点でのDOWAサーモテックよる持株比率は16.1%)。

 経済発展が続くインドでは、自動車生産の拡大に伴い、熱処理市場も高い成長が期待されており、2015 年までの年平均成長率は12%程度と見込まれている。経営権取得後は、HTFの持つ事業基盤にDOWAサーモテックの豊富な製造技術や日系顧客とのネットワークを付加することで、拡大するインド市場で確固たる地位を築いていく。従来の技術供与に加え、バッチ炉のラインナップ拡充や連続炉等の製造技術を新たに日本から導入することで、現地系・外資系メーカーを中心としたHTFの既存顧客への拡販を図るとともに、DOWAサーモテックの日系顧客のインドへの進出・事業拡大にともなう需要増に応えていく。

 本件は、熱処理部門においては北米、タイ、中国に次いで4 番目の本格的な海外進出拠点となる。DOWA サーモテックでは、引き続きマーケットやユーザーのニーズに対応しながら、海外展開を図っていく。(11年9月20日、DOWAホールディングスのニュース・リリースから)

09/21/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/19132

トラックバック一覧(0)