日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

09/06/2011 03:14 AM

 トヨタ自動車のインド四輪車製造・販売拠点であるトヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は2011年8月の総販売台数が1万1,693台となり、前年同月の6,361台から84%増加した。7月の同99%増に続く急増。

 8月の販売台数が急増したのは、昨年12月に発売した小型乗用車「エティオス」、今年6月末に発売したハッチバック車「エティオス・リーバ」の新車効果に因るところが大きい。ちなみに、販売台数は「エティオス」が2,710台、「エティオス・リーバ」が2,824台、合計で5,534台に達し、全体の47%を占めた。

 「エティオス」以外の車種では、多目的車の「イノーバ」が4,305台、新モデル投入の「カローラ・アルティス」が913台、スポーツ多目的車(SUV)の「フォーチューナー」が897台に達した。(11年9月1日、TKMの発表から)

09/05/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/18933

トラックバック一覧(0)