日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

09/19/2011 02:41 AM

 ハリアナ州マネサルにあるマルチ・スズキの工場で15日、スト中の労働者が工場に向かっていた管理職の社員らに暴行し、11人がけがをした。

 マルチ・スズキによると、管理職の社員が工場に向かう途中、20-25人の労働者が乗っていたバスを止め、こん棒で頭や背中を殴るなどの暴行を加えたという。労働者側は、管理職が新たに雇い入れた労働者を工場内に連れ込もうとしたため、もみ合いになったと主張している。

 同工場では規律契約をめぐって8月29日からストが続いており、14日にはスズキ・モーターサイクル・インディア、スズキ・キャスティングの労働者もストに入っている。15日には部品の納入業者であるスズキ・パワートレインの労働者が、スト中の労働者を支援するとして無期限のストを宣言した。
 会社側は15日、16日にマネサルおよびグルガオンにある全工場を操業停止にすると発表した。(16日付ザ・ヒンドゥー紙7面、タイムズ・オブ・インディア紙21面から)

09/16/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/19091

トラックバック一覧(0)