日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/25/2011 07:11 AM

 ジェイティービー(JTB、東京都品川区)は24日、旅行事業を展開するための子会社をインドに設立すると発表した。子会社商号はJTBインディア(仮称)、所在地はデリー近郊グルガオン。設立予定日は2011 年10 月1 日。当初資本金は300万米ドル(約2 億4千万円)、出資比率はJTB80%、JTB PTE LTD(JTB グループのアジア地区統括会社、シンガポール)20%となる。社員数は発足時13人を予定。

 経済成長著しいインドには、大手を中心に日系企業が次々と進出し、業務渡航や企業の報奨旅行等の需要が増加している。また、中間所得層の拡大に伴い、インド人の海外旅行も今後大幅な増加が見込まれている。JTB は、2009 年からインドに駐在員を派遣し、事業展開の可能性の検討をおこなってきたが、子会社を設立することにより、本格的な進出を図ることを決定した。新会社の事業展開の概要は次の通り。

 設立当初のメインターゲットは日系企業とし、出張手配業務とMICE(会議・研修、報償・招待、国際会議・学会・大会、展示会・イベント)事業を中心に営業を行う。段階的に日系以外の企業へも営業を展開する。JTB グループの強みを生かせる訪日事業および日印間地域交流事業を、ビジットジャパンキャンペーンとの連携により取り組む。将来有望であるインド人の海外旅行(日本行き以外)は、市場動向を見極めつつ、次のターゲットとして検討を進める。(11年8月24日、ジェイティービーのニュース・リリースから)

08/24/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/18804

トラックバック一覧(0)