日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/31/2011 07:57 AM

 インド・南アフリカCEO(最高経営責者)フォーラム第2回会合が29日、インドで開催された。両国CEO間の経済関係にさらなる弾みをつけるのが狙い。インド側のCEOグループ代表はタタ・サンズ社のラタン・タタ会長、南ア側は鉱山会社アフリカン・レインボー・ミネラルズのパトリス・モツェペ会長。両国のCEO約35人が出席した。両政府からはシャルマ商工相とデービス南ア貿易産業相らが出席した。

 会合では、拡大する経済連携の妨げとなっている様々な課題や制限などが取り上げられた。金融サービス、製薬・ヘルスケア、インフラ・エネルギー、製造、鉱業部門グループは、同部門でビジネスが直面している問題や制限に重点を置いた包括的提言書を作成し、シャルマ商工相とデービス南ア貿易産業相に提出した。また、昨年8月に開催された第1回会合の協議事項に言及しつつ査証制約、関税障壁、PTA(特恵貿易協定)早期締結、技術移転などの問題を議論した。

 シャルマ商工相は会合で、両国間の貿易投資関係の進展具合に満足感を表すとともに、2014年までに相互貿易額が目標の150億米ドルを達成するとの確信を示した。10年度の相互貿易額(速報値)は前年度比37.6%増の106億4,352万米ドル(輸出41億6,151万米ドル、輸入64億8,201万米ドル)。相互投資額も大幅に拡大している。(11年8月29日、インド商工省の発表から)

08/30/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/18880

トラックバック一覧(0)