日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/04/2011 07:46 AM

 参天製薬(大阪市)は7 月29 日、インドに現地法人 「サンテン・インディア・プライベート・リミテッド」(サンテン・インディア)を設立した。所在地はカルナタカ州バンガロールで、当初資本金は4,850 万ルピー(約8,700 万円)。出資比率は参天製薬が99.9%、サンテン・ホールディングス・ユーエス・インクが0.1%となっている。

 参天製薬は、2020 年度までの長期構想である「世界で存在感のあるスペシャリティ・カンパニーの実現」に向けて、参天製薬の強みが発揮できる日本を始め、高い市場成長が見込まれる欧州・アジアでの積極的な事業展開に取り組んでいる。インド現地法人設立で、高い成長が見込まれるインドの眼科薬市場におけるプレゼンス確立を目指し、参天ブランドの浸透を図る。なお、当面は、開発・製造面も含めた事業機会の探索を中心に活動を行う予定。(11年8月2日、参天製薬のニュース・リリースから)

08/03/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/18554

トラックバック一覧(0)