日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/02/2011 08:00 AM

 1日付のビジネス・スタンダード紙(3面)によると、マルチ・スズキの新型ハッチバック「スイフト」の予約販売台数が3万8千台を突破した。発売開始は今月17日の予定。マヤンク・パレーク・マーケティング営業責任者は「現在新"スイフト"はショールームにも出展しておらず、価格も決定していない。予約販売台数の伸びにわが社も驚いている」と説明した。昨年12月に発売されたトヨタのセダン「エティオス」の予約販売台数は1万2千台だった。

 初代「スイフト」は2005年に発売、モデルチェンジは今回が2度目となる。内装と燃料タンクを刷新、燃費は前モデルより5-6%良くなる。先代のモデルは6月末に生産が終了しており、駆け込み需要で3万3千台を売り上げた。マネサール工場では明日から新モデル生産体制に切り替わる。

 インドのハッチバック市場は11年1-6月、前年同期比20%で販売台数が伸びている。スズキのハッチバック・モデルの10年度販売台数は43万9千台、シェアは48%。新「スイフト」の投入で53%までの引き上げを狙う。11年1-5月の同市場シェアは1位「スイフト」24%、ヒュンダイ"i20"とフォード「フィーゴ」が15%、マルチ・スズキ「リッツ」12%と続いた。

08/01/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/18519

トラックバック一覧(0)