日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/15/2011 02:45 AM

 キヤノン・インディアは7月末、キヤノン・ブランド小売店「キヤノン・イメージ・スクエア」を、チャンディーガルにオープンした。インドで25番目、チャンディーガルでは初の出店。同社は、「キヤノン・イメージ・スクエア」を、2011年中にインドで50店舗オープンする予定。13年中にインド100都市で合計300店舗体制とする計画だ。

 キヤノン・インディアは、1997年にキヤノン・シンガポールの100%子会社として設立、現在インドの7都市にオフィス、13都市に倉庫、4千以上の小売販売拠点がある。サービス・センターは33カ所。従業員数は850人以上。140種以上の先端デジタル・イメージング製品を投入し、売り上げを伸ばしている。08年の売上高は前年比31%増の66億5千万ルピー、09年も同26%増の84億ルピーと大幅な増収を続けている。10年の売上高は同49%増の126億ルピーへと急増、設立13年で、100億ルピーの大台に乗っている。(キヤノン・インディアのウェブサイトなどから)

08/12/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/18689

トラックバック一覧(0)