日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/22/2011 07:06 AM

 18日付のビジネス・ライン紙(6面)によると、インド人の年収100万米ドル以上の富裕層の数が、2011年の28万6千世帯から20年には全人口の0.3%、69万4千世帯に増えるという。デロイト・ファイナンシャル・サービス・センターの調査によるもの。

 収入別の伸び率は100万-500万米ドル層が142%、500-3千万米ドル層が161%、3千万米ドル以上の層が115%となっている。世帯数は100万-500万米ドル層が最も多く、20年には富裕層の73%を占める見込みだ。インドの富裕層1世帯あたりの平均収入額は425万米ドルで、米国に次ぐ額となっている。インドの富裕層の資産は不動産、家族経営事業などが多いが、今後は投資や株、現金収入などで稼ぐ富裕層が増えるという。

 新興国の富裕層の伸び率を比較すると、インドは405%で最も高く、中国394%、ブラジル257%、ロシア241%と続く。

08/18/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/18755

トラックバック一覧(0)