日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/22/2011 07:01 AM

 18日付のビジネス・ライン紙(2面)によると、マルチ・スズキは17日、新型「スイフト」を発売した。販売色は赤、青、グレーの3色で、国内981カ所の代理店で販売される。

 ガソリン仕様の販売モデルは3種類で価格は44万2千-55万3千ルピー。1リットル(L)のガソリン燃料で18.6km走行可能で、旧モデルより4%燃費が改良された。ディーゼル仕様車の販売モデルは3種類で、価格は51万7千-63万8千ルピー。1Lのディーゼル燃料で22.9km走行可能、旧モデルより6%燃費が改良された。マヤンク・パレーク営業マーケティング担当部長は「月産台数を1万2千台から1万8千台に引き上げたが、納車待ち期間は2-3カ月程度だろう」と話している。部品国内調達率95%、既に5万台が予約販売されている。

 新型「スイフト」の開発のための投資総額は55億ルピー。「スイフト」は2005年に市場投入され、販売から6年で60万台を売り上げている人気モデルだ。

08/18/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/18753

トラックバック一覧(0)