日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/29/2011 07:09 AM

 28日付のビジネス・ライン紙(24面)によると、通信省は各通信会社に携帯電話契約のうち、有効契約数を早期に整理するよう求める方針だ。現在の携帯電話の契約数は8億4千万件、うち有効契約数は5億8,800万件と推定されている。約2億5千万件の携帯電話番号が使用されていないまま有効契約とみなされている状況だ。

 政府は14年には携帯電話の加入件数が10億件を突破すると見込んでおり、現在の11ケタの番号制で加入手続きが追い付かないと指摘している。同省関係者は「無効件数の番号は廃止手続きを行えば再度利用できる。電気通信管理局(TRAI)と協議した後、各通信会社に具体的な指示を出す」と説明した。同省は2003年に、年間7,500万件のインターネット通信契約、うち4,500万件は携帯電話の加入契約を30年まで毎年創出するという「国家番号計画2003」を制定している。

07/28/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/18478

トラックバック一覧(0)