日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/22/2011 09:47 AM

 鬼怒川ゴムと、韓国の和承は、インドで特定の自動車用ゴム・樹脂部品を対象に協力して生産することなどで合意した。

 和承の資本金は322億ウォン(22億6千万円)、売上高は1兆1,240億ウォン(2010年度連結)、従業員は3,800人(10年度連結)。事業内容 は自動車用ゴム製品製造で、ホース類、ウェザーストリップなどを扱う。主要納入先は現代自動車、起亜自動車、GM、BMW、クライスラー、フォルクスワーゲン、フィアット、トヨタなど。海外拠点は中国(北京市、江蘇省等4カ所)、米国(アラバマ、ミシガン)、インド(チェンナイ)にある。

 具体的には、鬼怒川ゴムがインドで販売する特定の車体シール部品およびホース部品に関し、和承の現地子会社へその生産の一部委託を検討する。また、鬼怒川ゴムは自社の製品を製造するために、和承が開発したゴム、樹脂材料を購入し、活用する。インド以外の地域での業務提携についても、両社で検討を開始するとしている。(11年7月20日、鬼怒川ゴム工業のニュース・リリースから)

07/21/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/18402

トラックバック一覧(0)