日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/20/2011 11:23 AM

 19日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(6面)によると、インド人消費者はインフレ圧力で支出を切り詰めているという。ニールセンの世界インターネット調査によるもので、調査期間は今年3月23日から4月12日。

 報告書によると、製品の購入に意欲的だったのは56%。前年度調査では61%だった。半数以上が衣料品の購入を控えており、約半数がガスや電気を節約している。65%が燃料や食料品のインフレを懸念し、貯金していると答えた。

 アーンスト・アンド・ヤングの小売・日用消費財部門担当のピナキランジャン・ミシュラ氏は「ここ数カ月続いている急激なインフレで、消費者は不必要な買い物を控えている。日用必需品の高騰で、貯金額も減少傾向にある」と指摘した。ニールセン・インドの消費部門担当社長のジャスティン・サージェント氏は「インフレで消費傾向が変化しているが、労働環境に対する先行きは明るい見通しだ」と話している。

07/19/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/18382

トラックバック一覧(0)