日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/19/2011 08:08 AM

 18日付のビジネス・スタンダード紙(3面)によると、メルセデス・ベンツは2011年中にインドのリース市場に参入する。まずは企業向けに事業を展開する計画だ。

 メルセデス・ベンツ・インドのピーター・ホネッグ社長は「インド人の多くは自家用車の購入を望む傾向が強い。企業向け事業の成果をみて、個人向けリース事業も行っていく予定だ」と話している。リース事業で使用した車は中古車事業に回していく。ホネッグ社長は「リースで3-4年使った車は通常価格よりも割安で中古車市場に卸していく。リース事業は中古車事業の拡大にもなる」と指摘した。現在同社の中古車の年間販売台数は3万5千台だ。

 マルチ・スズキも公営機関にリース車を提供している。チーフ・ジェネラル・マネージャーのシャーシャンク氏は「リース車の需要はまだ少ないが、概念が浸透してきている」と話している。マルチ・スズキの年間リース台数は600台。インド全体の年間リース台数は2万5千台となっている。

07/18/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/18355

トラックバック一覧(0)