日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/10/2011 11:56 PM

 不二越は、インド・ハリヤナ州マネサールに精密工具の生産子会社「ナチ・マザーサン・プレシジョン・リミテッド」(NMPL)を設立し、6月から操業を開始した。工具や工作機械をはじめとした機械加工ビジネスを本格的に展開する。

 新会社NMPLは、インドのマザーサン・グループとの合弁企業として立ち上げ、精密工具の製造・販売、再研削ビジネスに加え、不二越の工具・工作機械の輸入販売を手がける。資本金1億3千万ルピー(約2億3千万円)、出資比率は不二越51%、マザーサン49%。従業員は約20人でスタートする。工場の敷地面積は 3,400平方メートル、建屋面積は2,400平方メートル、工作機械(工具研削盤)、測定装置、周辺装置含め約15台でスタート、商品を一覧できるショールームを併設する。生産品目はフォーミングラック(転造工具)、高精度ブローチなど。
 
 不二越は、NMPLをベースとして現地の自動車・二輪、エネルギー・インフラ、産業機械分野の顧客に、商品・技術・サービスを提供し、インドでのブランド浸透を目指す。当面はフォーミングラック、ブローチの製造販売、再研削ビジネスを展開。それ以外の工具と工作機械は、不二越から輸入して販売。今後、生産品目を拡充していく。売上目標は2013年度5億円、15年度 10億円。(11年7月6日、株式会社不二越プレス・リリースから)

07/08/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/18258

トラックバック一覧(0)