日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/07/2011 07:46 AM

 6日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(6面)によると、インド人が商品を購買する際に重視する項目は、品質、価格、斬新さの順だった。ニールセンの調査報告書によるもので、対象国はインド、中国、ブラジルなど新興国10カ国と、英国、フランス、ドイツなど先進国11カ国。英国以外の20カ国が、最も重視する項目は品質だと答えた。英国は信頼性だった。

 中国は品質、効率性、知名度の順、ブラジルは品質、信頼性、価格だった。中国、フランス、ドイツの3カ国は重要3項目の中に価格が入っていなかった。報告書は「長い間、トップ項目は価格だったが、近年では品質が最重要視されている」と指摘している。女性の購入動機については、54%がテレビ広告、11%が口コミ、10%が雑誌という結果だった。

07/06/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/18223

トラックバック一覧(0)