日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/04/2011 07:41 AM

 1日付のビジネス・ライン紙(1面)によると、通信大手タタ・ドコモは通話料金を値上げする。同社は2009年、タタ・グループ傘下の通信会社タタ・テレサービシズと日系通信大手NTTドコモが合弁で設立した会社。市場参入当初から通話料金1秒1パイサというインドで最も安い料金プランを発表していた。

 今回の値上げで同州内のショートメッセージサービス(SMS)を1通60パイサから1ルピーに、州をまたぐSMSは1通1.2ルピーから1.5ルピーになる。国内通話料金も1秒1パイサから2パイサに値上げする。関係者は競合他社も値上げに踏み切る可能性もあると指摘している。

07/01/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/18170

トラックバック一覧(0)