日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/23/2011 07:47 AM

 22日付のエコノミック・タイムズ紙(6面)によると、オランダの家電メーカー、フィリップスはインドのパーソナルケア事業を強化する。特に男性用美容製品、女性用ヘアケア製品を充実させる。シェーバーなどの男性美容製品市場は年間売上150億ルピー、15-18%増で伸びている。競合他社は米レミントン、日系パナソニックが挙げられる。

 同社は近頃、ブランド大使にボリウッド俳優のジョン・アブラハム氏を起用した。パーソナルケア事業マーケティング担当アアルシ・アガルワル氏は「ジョン氏は特に若い世代に人気のある俳優だ。インド人の全人口の55%は25歳以下で、若者男性向けの美容市場は今後急成長するだろう」と話している。フィリップスのパーソナルケア製品の価格帯は725-5,495ルピー。ここ3カ月で5つの新製品を発売、現在27種類を販売している。以前は数カ所の家電量販店でのみの販売だったが、現在は化粧品関連店舗や「リライアンス」、「ショッパーズ・ストップ」、「クローマ」などの量販店でも購入可能だ。

06/22/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/18043

トラックバック一覧(0)