日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/15/2011 07:18 AM

 14日付のビジネス・ライン紙(3面)によると、金価格の高騰でダイヤモンドの人気が上昇している。宝飾メーカーのゴエンカ・ダイヤモンドのニティン社長は「金製品よりもダイヤモンド製品を買い求める顧客が増えている。特に北部地域と西部地域の消費動向の変化が著しい。金が最も売れる南部地域でも、今年は結婚式用にダイヤモンドを購入する客が多い」と話している。同社では「グウィルド」、「セレス」の2つのブランドを展開している。「グウィルド」の価格帯は5千-50万ルピー。「セレス」は6万-1千万ルピーで、金を3-5%、35カラットのダイヤモンドを使用している。

 インドの宝飾品市場は6兆7,500億ルピー、うち60%を金が占めているが、ゴエンカ氏は「2015年にはダイヤモンドのシェアが65%まで伸び、金を抜くだろう」と話している。一方ダイヤモンドの証明書は各小売店で異なっており、政府基準の導入が望まれている。

06/14/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17936

トラックバック一覧(0)