日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/14/2011 07:17 AM

 13日付のビジネス・スタンダード紙(10面)によると、コカコーラ・インドは太陽光発電の冷蔵庫「エコクール」を導入する。300mlの瓶を48本収納できる大きさで、既にアグラ近郊の販売店に20台を設置、今年度中に100台の設置を目標としている。スニール技術責任者は「農村地域の品質管理が容易になる。海外からの問い合わせも多く、既にアフリカ諸国から40台を受注している」と話している。ダーバルやマザー・デイリーなどの競合他社からの評判も良く、類似製品の開発が進んでいる。

 一方、導入コストが高すぎるとの懸念もある。コカコーラ・インドは導入初期の数台は無償で提供するが、今後は1台4万5千ルピーで発売すると発表している。KPMGのアナリスト、アナンド氏は「"エコクール"の発想は素晴らしいが、農村地域の店舗にとっては高価格だ。維持費用や物流コストも、試算よりも高額になるだろう」と話している。コカコーラ・インドのアシム技術副責任者は「環境に配慮した商品は、現段階では低価格での導入は難しい。政府が補助金を出せば、すぐに市場に浸透するはずだ」と話している。同社は2007年に1回の充電で8-10時間冷蔵保存できる充電式冷蔵庫「ユーテック」を発売しているが、高価格のため売上台数は1万7千台と伸び悩んでいる。

06/13/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17917

トラックバック一覧(0)