日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/13/2011 07:40 AM

 10日付のビジネス・スタンダード紙(4面)によると、印政府の財務省は2011-12年度(11年4月-12年3月)の実質国内総生産(GDP)成長率について、予測値を現在の前年比9%程度から同8.5-8.75%へ下方修正する見通しだ。インフレ率が高止まりする中、インド準備銀行(中央銀行、RBI)による金融引き締めスタンスの強化を受けて、内需が減速しているため。

 6月中の統計発表予定によれば、10日に4月の鉱工業生産指数(IIP)、14日に5月の卸売物価指数(WPI)が明らかとなる。月内には5月の輸出入額も暫定値が入手できる見込み。また、RBIが16日に政策の見直しを実施し、追加利上げの有無が判明するところから、財務省は直近のデータや政策変更を織り込み、6月末までに成長率の改定予測値を公表する方針だ。

06/10/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17912

トラックバック一覧(0)