日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/27/2011 07:03 AM

 エアバスは23日、インドのゴーエアからA320neoを72機受注したことを発表した。引き渡しは2015年からの見込みで、環境効率の高い新型エンジンを搭載し、大型のウイングチップであるシャークレットを取り付けることで最大15%の大幅な燃料節減が可能だという。CO2を1機当たり最大で年間3,600トン削減することになる。また、NOx排気を2ケタ削減し、エンジンの騒音も大幅に削減するとしている。

 ゴーエアは2006年にA320を20機発注し、初号機は07年に引き渡された。現在、平均機齢が2年のA320を10機運航している。インドで最も若い航空機群という。今後2年間で残りの10機が引き渡される予定。(11年6月23日、エアバスの発表から)

06/24/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/18075

トラックバック一覧(0)