日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/29/2011 06:15 AM

 トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は、生産能力を現在の年間15万台から、2012年前半に同21万台まで40%拡大する。投資額は約49億円を予定している。TKM生産工場の現在の生産能力は、第1工場が8万台、第2工場が7万台(計15万台)だが、それぞれ9万台と12万台(計21万台)へ増やす。 昨年12月に発表した「エティオス(セダン)」が多くの顧客に受け入れられていることや、他モデルの販売も好調であることから、生産能力を拡大することを決定した。

 また、「エティオス(セダン)」に続き、6月27日に、エティオスのハッチバック車「エティオス リーバ」を発表した。双方ともインドの顧客のために、新開発したモデル。「エティオスリーバ」のデリー店頭価格は39.9万ルピー-59.9万ルピー(約73.8万円-110.8万円)。(11年6月27日、トヨタ自動車のニュース・リリースから)

06/28/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/18118

トラックバック一覧(0)