日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/06/2011 09:53 AM

 会計検査院(CAG)が2日付で発表した「中央政府勘定(暫定値)」によると、2011年4月の財政赤字(歳入†歳出)は7,466億1千万ルピーとなり、1年前(10年4月)に比べて38%増加した。主因は、(1)所得税局が2,300億ルピーの直接税を還付したため、税収(ネット)が377億4千万ルピーと、1年前の100億6,200万ルピーに比べて62%減少した、(2)非計画支出が前年同月比45%増の7,012億3千万ルピーに膨らんだ、の2点。

 政府の見積もりによれば、11-12年度通年(11年4月-12年3月)の財政赤字は名目国内総生産(GDP)比4.6%。ムカルジー財務相は同水準への削減に全力を挙げる方針だが、インド準備銀行(中央銀行、RBI)による金融引き締め政策の強化を受けて、経済成長の鈍化が税収の減速をもたらし、財政赤字は年度全体でも再拡大に向かうと見る向きもある。(CAGのウェブサイト、3日付のビジネス・スタンダード紙=4面から)

06/03/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17839

トラックバック一覧(0)