日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/17/2011 09:39 AM

 16日付のエコノミック・タイムズ紙(4面)によると、マイクロソフト・インドは総売上に占めるインド事業の割合を1位にするという。バスカル・プラマニク社長が同紙のインタビュー記事に応じた。バスカル社長の前歴は同業のオラクルの幹部で、今年4月に現職に就いた。

 現在マイクロソフトの売上トップ5は順に中国、ブラジル、南アフリカ、トルコ、インドと続く。2010年度の総売上高は12億米ドルを突破、年間25%で伸びている。同社が立ち上げたソフトウェアの共同開発支援サイト「コードプレックス」での開発数は1万件を超えた。バスカル氏は「フェイスブックなどのソーシャルネットワーキングサイトなどとも提携していく」と話している。

06/16/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17975

トラックバック一覧(0)