日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/02/2011 06:19 AM

 27日付のエコノミック・タイムズ紙(4面)によると、スペインのファッションブランド「ザラ」のインド市場での売り上げが好調だ。「ザラ」はスペインのアパレルブランド「インディテックス」の主要ブランドの一つで、コンセプトは「ファスト・ファッション」。通常のファッションブランドが半年かける商品入れ替えを2週間単位で行う。専属のデザイナーは200人、1年間に生産されるデザインは1万点を超える。広告費も徹底的に抑え、アパレルブランドの売上高に占める広告費の割合が平均3.5%に対し「ザラ」は0.3%。全世界77カ国に5,044店舗を運営しており、2010年度の利益は125億3千万ユーロだった。

 インディテックスは2010年にタタ・グループ傘下のトレント社と合弁企業を設立、インドのアパレル市場に参入した。現在インドにはニューデリーに3カ所、ムンバイに1カ所の計4店舗を運営している。ニューデリーのショッピング・モール「セレクト・シティ・ウォーク」内に「ザラ」の1万8千平方フィートの店舗がある。商品の平均価格は1,500-2,300ルピーで、開店初月は900万ルピーを売り上げた。現在の月平均売上高は5千-6千万ルピー。ムンバイのモール内の店舗も同程度、ニューデリーのDLFモール内の店舗では月平均4千万ルピーを売り上げる。

 「セレクト・シティ・ウォーク」内の「ザラ」付近の別ブランド店舗には、「ザラ」の出店後、20%顧客が増えた。ハイデラバードのモールにも13年に「ザラ」が出店予定で、ディベロッパーのもとには既に宝石や化粧品などの数ブランドから「ザラ」付近への出店申請がきているという。

 05年以降、年平均50店以上の海外ファッションブランドがインドに進出しており、欧米スタイルの服装の浸透は今後さらに加速するとみられている。

04/28/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17528

トラックバック一覧(0)