日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/30/2011 07:00 AM

 27日付のエコノミック・タイムズ紙(4面)によると、伊フェラーリは26日、インド初のショールームをデリーにオープンした。インド販売は4モデルで、価格は「カリフォルニア」2,270万ルピー、「458イタリア」2,560万ルピー、「599GTBフィオラノ」3,370万ルピー、「FF」3,410万ルピー。営業販売はシュレヤン・グループが引き受ける。

 インドの超高級車市場では英ロールスロイス、英ベントレー、伊ランボルギーニが事業を展開していたが、近頃英アストン・マーティン、仏ブガッティ、伊マセラティ、スウェーデンのケーニッグセグなど、各国メーカーが参入している。2010年度、高級車のインド市場販売台数は1万5,702台だった。うち超高級車は300台、同市場は60%増で伸びている。

 フェラーリは14年までに100台以上の販売を目指している。シュレヤン・グループのアシシ会長は「既に多くの問い合わせを受けている。今後3年で100台以上は確実に売れるだろう」と話している。フェラーリは12年初旬にムンバイで2カ所目のショールームをオープンする予定で、12年度中にさらに3カ所の販売代理店を新設する。同社は08年、キャンペーン試走「マジック・インディア・ディスカバリー・ドライブ」でインド国内57都市1万3千kmを74日間で走行していた。

05/27/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17769

トラックバック一覧(0)