日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/26/2011 02:56 PM

 東京コンサルティングファームは、スリランカに現地法人を設立したことを発表した。スリランカ現地より税務・会計・労務といった管理面のサービスを提供し、日系企業のスリランカビジネス支援する。

 スリランカは2009年に25年わたる内戦が終結して以来、復興需要を受けて好調な経済状況。2010年の経済成長率は8.0%を記録した。観光客数も前年比46.1%増の65万人にのぼるなど、今後の成長が見込まれている。また、インドやパキスタンと自由貿易協定を結んでおり、アジアと中東を結ぶ重要拠点として注目されている。

 一方で、突然の法改正により行政手続きが混乱したり、税執行のトラブルが発生するなど、スリランカビジネスにおいては、税務・会計などの面で情報収集とキーパーソンの把握が重要となっている。このような背景において、現地の会計事務所・法律事務所といった専門家のネットワークを持つ東京コンサルティングファームは、管理面を支援する総合的なサービスを提供し、スリランカビジネスを支えていく考えだ。

 同社は4月にはモンゴルへ進出したばかり。今後もアジア各国への展開を進めていくという。

05/26/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17748

トラックバック一覧(0)