日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/26/2011 09:05 AM

 25日付のビジネス・スタンダード紙(3面)によると、バルティ・ウォルマートはインド出店を加速する。バルティ・ウォルマートはインドの財閥バルティ・グループと米小売大手ウォルマートが2007年に業務提携した合弁企業。

 同社は現在インドに6カ所の店舗がある。パンジャブ州4カ所、ラジャスタン州、マディヤプラデシュ州に1カ所ずつだ。今までの投資額は総額4千万米ドルを超える。07年の提携時には14年までに10-15カ所の新設という計画だったが今回、12年までに25カ所に上方修正した。ラジ・ジェイン社長は「南部地域を強化していく予定で、20店舗を新設する。11年末までに8-10カ所、12年にも8-10カ所の店舗をオープンする。他社との提携は考えておらず、バルティ・グループと長期戦略でインド事業を展開していく」と話している。ウォルマートは中国、インドに進出している。ラジ・ジェイン氏は「インド市場の成功の後には、ブラジルにも進出する」と話している。

05/25/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17734

トラックバック一覧(0)