日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/24/2011 07:17 AM

 23日付のビジネス・ライン紙(4面)によると、ルノーは23日から、高級セダン「フルーエンス」をインドで発売する。

 発売開始は2012年だが、今年の10月にはSUV「コレオス」もインドで披露する。12年には他にもSUV「ダチア・ダスター」とBプラスセグメントでの新モデル発売を予定している。Bプラスセグメントの主なモデルはフォルクスワーゲン「ポロ」、マルチ・スズキ「スイフト」、ヒュンダイ「i20」などで、平均製品価格は30万ルピー。レン営業副責任者は「"フルーエンス"と"コレオス"は販売台数が目標ではなく、ルノーブランドの認知向上のためのモデルだ」と話している。マーク・ナシーフ社長は「05年に締結したマヒンドラ・アンド・マヒンドラとの合弁、"ロガン"事業でインド市場を学んだ。12年の3モデル発売に向け、"フルーエンス"と"コレオス"を市場に浸透させる。その後20万-40万ルピーのモデルを開発、大衆車市場で勝負していく」と話している。

 ルノーはインド、ブラジル、ロシアの3カ国で事業を強化していく。13年にはインド市場はルノーの国際事業の中で11番目の市場となる予定だ。

05/23/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17713

トラックバック一覧(0)