日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/23/2011 05:56 AM

 19日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(6面)によると、各飲料メーカーは、インド市場に新製品を投入する。

 ペプシコ・インドは栄養ドリンク「レハール・グルコ・プラス」をマハラシュトラ州で発売した。価格は200ミリリットルで5ルピー。同社のインドでの栄養ドリンク事業は初めてで、関係者は「価格設定をインド市場に合わせた」と話している。ヒンドゥスタン・ユニリーバとの合弁事業で紅茶飲料「リプトン・アイスティー」も拡販する計画で、デリーでの再発売のため市場調査中だ。コカ・コーラはネスレとの合弁事業で紅茶飲料「ネスティー」をムンバイで発売した。価格は400ミリリットルで25ルピー。「ネスティー」は世界60カ国で販売されている。

 両社ともテレビ広告やインターネット上の広告戦略に莫大な費用を投資している。インドの飲料市場は年間200億ルピー、コカ・コーラ、ペプシコ、アムール、ネスレが占めている。

05/19/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17688

トラックバック一覧(0)