日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/13/2011 07:24 AM

 12日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(6面)によると、ヒュンダイはインド国内市場を強化する。同社の2010年度の販売内訳は国内55%、国外45%だった。11年度の目標販売台数は62万5千台で、国内市場の割合を65%に増やす。アルビンド・サクセナ営業責任者は「今後数年で発表する小型車を含めた新モデルを、インドに投入する。輸出台数を削減しても国内市場に投資していく方針だ。今年度は40万台の国内販売を目指す」と話している。

 ヒュンダイは先日、新型「ヴェルナ」を発売した。同車は高級中型セダンで、ホンダ「シティ」やフォード「フィエスタ」が競合モデルとなる。販売モデルは1.4リットルと1.6リットルのエンジンで、価格はガソリン仕様車が69万9千-95万ルピー、ディーゼル仕様車が80万-100万ルピーとなっている。サクセナ氏は「マーケットシェアを現在の25%から30%に増やす。中型高級車市場はインド乗用車市場の34%を占めている。年間25%増の成長市場で1年間の販売台数は15万台だ。同市場でわが社は4万5千台の販売を目指す」と話している。

05/12/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17650

トラックバック一覧(0)