日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/24/2011 07:30 AM

 23日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(17面)とビジネス・スタンダード紙(5面)、エコノミック・タイムズ紙(15面)によると、シンクタンクのインド経済調査センター(CMIE)はこのほど、2011-12年度(11年4月-12年3月)の実質国内総生産(GDP)成長率を前年比8.8%と予測した。

 10-11年度(10年4月-11年3月)実績見込みの同9.0%を0.2%ポイントほど下回るものの、依然として高成長が続くとの見通し。主因は、(1)高いレベルの設備投資が持続する、(2)賃金の上昇や雇用機会の拡大で個人消費が盛り上がる、の2点だ。産業別の成長率では、農業が前年比3.3%(10-11年度は同5.4%)、鉱工業が同9.4%(同8.5%)と予想した。

05/23/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17718

トラックバック一覧(0)