日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/09/2011 06:32 AM

 トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は、2011年4月の総販売台数が9,681台で、前年同月比61%増加した。増加要因は、昨年12月1日発売の「エティオス」の新車効果が大きいと見られている。同車の4月の販売台数は4,657台となった。

 その他の車種は、東日本大震災後の部品供給減少にともなう生産調整で、販売台数が減少した。4月の販売ロスは約2,900台。生産調整の影響は、5月に顕在化することになりそうだ。5月は通常生産能力の30%程度の稼働が続く見込み。(11年5月1日、TKMの発表から)

05/05/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17604

トラックバック一覧(0)