日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/23/2011 06:49 AM

 20日付のビジネス・ライン紙(3面)によると、仏タイヤメーカーのミシュランは2012年に稼働予定のチェンナイ工場で1,250人を雇用する。同工場では400億円を投資し、バス、トラック用のタイヤを生産する。タイヤの年産本数は最大で300万本となる予定。

 ミシュランの売上高に占めるインド事業の割合はわずか1%。シェレック社長は「ラジアル・タイヤで走行しているバス、トラックは15%未満だ。中国、ブラジルは50%を超えているがインドは両国と比較しても成長市場だ」と話している。同社は先日、インド市場調査のため6人の技術チームを編成した。今後数十年でインド市場に特化した製品を開発するという。現在研究開発施設はバンコクにあり、インドで販売している全タイヤは欧州から輸入している。

05/20/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17702

トラックバック一覧(0)