日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

04/22/2011 07:28 AM

 日産モーター・インディア(NMIPL)は、チェンナイ市に移転した。新事務所は約1万3,500平方メートルで、製品企画、輸出、アフターフォロー、オートローン、プログラム管理、人事などの部署が入居。NMIPLの徳山マネージング・デレクター兼CEOは「日産自動車のインドでの事業拡大の動きに合致するだけでなく、重要な提携企業であるルノーとのシナジー効果を高める。ルノーは同じビルに入居している」とコメントした。

 これまでのムンバイ事務所は、地域事務所として存続する。NMIPLの製品企画部、車両検査部、アフターフォロー部などの一部従業員、販売提携先であるホーバー・オートモーティブ・インディアなどが引き続き勤務する。(11年4月20日、NMIPLの発表から)

04/21/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17487

トラックバック一覧(0)