日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

04/04/2011 07:24 AM

 半導体メーカーのローム(京都市)はこのほど、インド・チェンナイに販売会社「ローム セミコンダクター・インディア」を設立、2011年4月1日から営業を開始した。今後、デリー、プネに営業拠点を設け、インドでのローム製品の販売活動を行っていく。当初資本金は 1千万ルピー、出資比率はローム エレクトロニクス・アジアが99.9%、ローム セミコンダクター・シンガポールが0.1%。正式設立日は2011年3月8日。

 ロームは従来、シンガポールの販売会社「ローム セミコンダクター・シンガポール」で販売を担当するとともに、06年2月にインド・チェンナイに駐在員事務所を開設、マーケティング活動、情報収集を行ってきた。今回の現地販売会社設立により、経済成長の著しいインドでの販売体制を確立し、車載や通信、家電分野など、インドのエレクトロニクス市場におけるシェアの拡大を目指す。(11年3月31日、ロームのニュース・リリースから)

04/01/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17348

トラックバック一覧(0)