日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

04/07/2011 07:14 AM

 国際協力銀行(JBIC)は5日、インドのタタ・スチールとの間で、情報交換の促進による協力関係の強化を目的とする覚書を締結した。タタ・スチールが実施する製鉄プロジェクトに対し、日本企業の参画を支援するのが目的。具体的には、日本企業が資本参画するプロジェクトの促進、または日本からの製鉄関連設備の輸出促進を目的として、双方の情報・意見交換を緊密化することを取り決めている。

 インドでは、急速なインフラ設備と旺盛な自動車用高級鋼板の需要を受け、国内鉄鋼各社による製鉄所の拡張・新規建設プロジェクトが計画されており、日本企業もインドへの取り組みを強化している。インド最大手の民間鉄鋼メーカー、タタ・スチールも、既存の主力製鉄所の更なる拡張および新規製鉄所の建設など多くの重要プロジェクトを推進することが見込まれており、この覚書を通じた協力関係強化により今後これらのプロジェクトへの日本企業の参画が促進されることが期待される。(11年4月5日、JBICの発表から)

04/06/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17387

トラックバック一覧(0)