日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

04/11/2011 07:04 AM

 8日付のエコノミック・タイムズ紙(電子版)によると、富士フィルムはインドのマーケティングに前年比2倍以上の6億ルピーを投資する。インドだけでなく世界各国のマーケティングを強化、今年度のマーケティングにかける総費用は6億米ドルだという。富士フィルム・インドのラージ・クマール氏は「2010-11年度、2億-2億5千万ルピーをマーケティングに投資したが、11-12年度は6億ルピーを投資する」と話している。

 同社は昨年度インドで16万台のデジタルカメラを販売、今年度の販売目標は42万台だ。「ファインピクス」ブランドで12モデルを販売しており、今後は中小都市圏での販売も強化する。現在の市場シェアは7%だが、12年度12%、13年度17%への拡大を目指している。

 昨年度、インドでデジタルカメラは250万台売れた。市場は40%の成長率で拡大しており、今年度は390万台売れると予想されている。

04/08/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17407

トラックバック一覧(0)